利益を出せる人のアウトプット術

福原です、

今回は、

・利益を出せる人のアウトプット術

をお話します。

お知らせ:ひとりビジネスを構築する方法を無料でお伝えしています。
こちらから購読できます。

ひとりビジネスにはアウトプットが必須!

あなたが今後、ひとりビジネスで稼ぐ時に、避けて通れないのが知識をアウトプットすることです。

これまでずっと勉強して来たけど、望むだけの利益が出せていないのであれば、ちゃんと話を聞いておいてください。

なぜアウトプットするのか?

そもそも、なぜアウトプットするのでしょうか?

当たり前ですが、稼ぐため、ですね。

あなたが何かをアウトプットして世の中に出していかないと、誰も来てくれません。待っていればお金が手に入るほど甘くはありません。

なので、あなたが知っていることを世に出して「あなたのお役に立てますよ」ということで、お客様が集まってくるのです。

そして彼らに情報やモノを売ってお金に変えます。

シンプルに言うと、あなたが何者で、どんなことをしていて、何に役立てるのかを知ってもらうためにアウトプットする必要があるのです。

アウトプット先はなにがあるのか?

では、具体的なアウトプット先としては何があるのでしょうか。

主なものとしては、

1.文章

2.音声

3.動画

4.商品

の4つがあります。

文章が書ければブログが作れます。ブログはあなたを知ってもらう場所として使えます。また文字かすることで検索で表示される回数が増えます。お客様の方からあなたを探し出してくれるのです。メディアに顔出しして自分を売ることができない人には最善の策となるでしょう。

音声は、最近の傾向として、みんな手元にスマホがあり、常にネットに繋がっていて、通勤通学時に電車などで音声を聞く人が増えています。彼らをターゲットとしてポッドキャストを行うこともできます。

動画はyoutubeが有名ですね。ユーチューバーのように派手なことをやらずとも、愚直に情報を出すだけでも役立つことはできます。また多くの人が動画を作っているようで、実際には一般人が顔を出したり、他人に話をするにはハードルが高く、一部の人しか参入していないのが事実です。すばやくアウトプットすることで優位に立てます。

それと、文章や音声、動画を出しているだけで、その分野に詳しい専門家と思われます。あなたも欲しい商品を調べる時に、メーカーページやお店の人に聞くよりも先に、検索して出てきたブログや動画を見るかもしれません。そこにあなたがいれば、お金を得るのは難しくはありません。

そして、専門家と思われるようになれば、あなたの商品を作って販売することができます。商品は、文章、音声、動画で作ればよいです。

アウトプットのステップ

では、どのようにアウトプットをすればよいでしょうか。

1.テーマを決める

2.ターゲットを決める

3.プロットを作る

4.データを集める

5.形にする

6.出力する

の順番をオススメします。

まずはテーマを決めましょう。あなたが何を伝えたいのかを先に決めます。はじめのうちは『お客様が悩んでいることを解決する方法』にすればよいです。例えば「お客様は情報を出す方法がわからず悩んでいるだろうから、アウトプットする方法を伝えた方がいいな」という感じです。

次に、ターゲットを決めます。みんな、に話すのではなく、特定の人に絞るのです。初心者なのか専門家なのか。男性なのか女性なのか。学生か社会人か。収入は多いのか少ないのか。など、絞れるだけ絞った方がいいです。「誰でもできるブログの書き方」ではなく「ひとりでビジネスをして稼ぎたい人に向けたブログの書き方」の方が絞れていてよいです。

そしてプロットを作りましょう。プロットとは物語の筋のことです。最初にこれ、次にこれ、途中でこれ、最後はこれ、と箇条書きでいいので書いてください。流れを決めることで伝えたいことが着実にアウトプットできます。途中で何を話しているのかわからなくならないように道筋を決めておきましょう。

それが決まったら、データを集めます。データとは本や新聞でこう書いてあった、専門家はこう言っている、などの裏付けとなるものです。あなたの意見だけで情報を作ると読者は「本当に?」と疑うことがあります。そこで権威ある専門家の意見を付け加えることで納得度を上げておくのです。その時になって調べるのではなく普段から使えそうなものをメモったりキャプチャして集めておくと良いです。

そして形にしていきます。形にする方法はあとでお話しましょう。

最後に出力します。ブログの記事にする、音声をポッドキャストにアップロードする、動画をyoutubeにアップロードする、などです。作ったはいいけど「これが役に立つのかな」「何か文句を言われるんじゃないかな」と言い訳をして出さない人が多いです。えいやっ、でいいので出しておきましょう。

アウトプット:具体的な方法

ここでは、アウトプットの具体的な方法を紹介します。

どんなツールを使えばいいのかわからない場合は見ておいてください。

文章でアウトプット

ネットでひとりビジネスをするには、文章でアウトプットする技術は必須となります。現状、パソコンのキーボードで文字が打てないと厳しいです。コツコツと練習しておきましょう。使うツールは文字が書ければなんでもいいです。私(福原)は

『秀丸エディタ(https://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html)』

『Coda(https://coda.io/welcome)』

などを利用しています。スマホや音声入力を活用する方法もありますので使える人は活用しましょう。文章で作ったコンテンツは、ブログや自分のメルマガ、フェイスブックなどのSNSで使いましょう。

音声でアウトプット

あなたの話を録音してアウトプットします。スマホがあればそのままでもよいですし、パソコンやスマホにマイクを接続して使ってもよいです。音質のことを考えれば1万円以上のマイクを使用するほうが好ましいです。ツールとしては、audacity, Adobe auditionなどのパソコン用ソフトか、スマホの各種音声アプリを使います。ただ録音するだけではなく、編集機能が豊富で、音質も整えられてノイズも消せるものが好ましいです。福原はAdobe auditionを使っています。作った音声は、ブログに載せたり、ポッドキャストで配信しましょう。動画編集ソフトで画像と組み合わせてビデオにしてyoutubeで公開するのもOKです。

画面キャプチャでアウトプット

画面キャプチャとは、パソコンの画面に写っているものを動画として録画したものです。音声も同時に収録できます。実際にパソコンを操作しながら説明することでソフトの使い方ビデオを簡単に作成できます。またパワーポイントやGoogle Slideといったプレゼンテーションソフトで作った画像に音声で解説を付けてもOKです。ツールとしては、Camtasiaが有名です。福原はCamtasiaか、録画をOBS、編集をPremiere proと組み合わせて使用しています。作った動画は、youtubeで公開しましょう。

ビデオでアウトプット

ビデオカメラを使ってあなたが直接話すビデオを作ってもよいです。家で撮影してもいいし、セミナーを録画するのもよいです。画質にこだわらなければパソコンに安価なWEBカメラをつければよいですが、高速なネット回線が当たり前になった今、ある程度の画質と音質があったほうが専門家と見られて利益が得られるでしょう。高画質なスマホを利用するか、ビデオカメラ、デジタルカメラの映像を利用する方法もあります。また音質が悪いと見てもらえないので、1万円以上のマイクを利用してください。カメラとの距離がある場合は、別途ボイスレコーダーとピンマイクを利用して口元で録音して、あとから動画と音声を同期させて1つのビデオにすることをオススメします。編集には、premiereなどの有料ツールの方が編集がラクでオススメします。作った動画は、youtubeで公開しましょう。

必要なスキル

では、あなたがひとりビジネスを行う時に必要になるスキルをまとめておきましょう。

まずはタイピングです。パソコンのキーボードの練習をしておいてください。手元を見ずに入力できる方が好ましいです。音声入力の認識力が上がっていますので実用的ではありますが、人前でスマホに話すことに抵抗がある人は家でしか作業ができなくなるので気をつけましょう。

それとスピーチの能力もあったほうが良いです。文章力があれば話す必要もないのですが、世の中にいる最上位レベルのコピーライターがあなたの敵となり勝つのは難しいです。それよりもあなたが自分の言葉で話すことで、個性を出し興味を持ってもらうことで利益につながりやすくなります。あなたも高額商品を買う時、例えば、保険に入ったり、車を買ったり、家をローンで購入するときには、ネットでポチるのではなく、誰だか分かっている人から買いたくなると思います。あなたが自分をネットにさらすことで、高い利益を得る可能性が高まります。顔を出すかどうかはあなたの好みで選んでください。

編集のスキルも必須となります。文章を直す、画像の形、大きさを変える、音声を聞きやすくする、動画に文字を入れる、BGMを入れるなどのスキルがあると、質の高いコンテンツを作ることができます。ノイズだらけの部屋でボソボソしゃべる音声よりも、軽快なBGMの中、クリアな音質でハキハキと話す方がリスナーも聞きやすいです。それらはあなたのスピーチ能力が低くとも、編集の力によりなんとかなるものです。

そして、これらのスキルを発揮するには、各種ツールを使いこなす必要があります。と言っても、プロのように扱える必要もありません。使っているうちに慣れてきますし、たくさんある機能の中で実際に使うのはごく一部です。大切なのは苦手意識を自分で作り出さずに、使ってるうちにわかるようになるだろう、ととっととツールを使い始めてしまうことです。

まず今日やること

では、あなたが『今日』やることです。

いまできる方法でいいので、1つコンテンツを作ってみましょう。

ブログ用の文章を10分だけ書く、5分だけ音声を取ってみる、スマホをそのへんに立てかけて自分撮りでビデオを録画してみる。そんなレベルでかまいません。

ネタが無ければ、読んだ本の解説や感想、今日見たニュースについて思ったことを話す、でもよいです。

それが直接お金になるか、といえばなりませんが、最初はみんなしょうもないことしかできません。そのしょうもないことを始めた人だけがお金を稼げるレベルにまで上達するのです。その最初の一歩を今日のうちに済ませておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました